前へ
次へ

医療機関によって治療法が変わることがある

病気やけがをした際に医療機関を受診しますが、もしかしたら他の病院やクリニックでは違う治療を行うかもしれません。
それだけ、病気やけがをした際の治療法はいくつもあることが多いからです。
医療機関を変えたら、同じ病気なのに違う薬を処方されたことはありませんか。
医師が変われば治療方針も変わりますし、処方される薬だって変わります。
深刻な病気ではない場合はあまり気にはならないでしょうけれども、命に係わる病気となると話が変わります。
セカンドオピニオンという言葉を聞いたことはありませんか。
大きな病気を患った場合は、複数の医療機関を受診してどんな治療を行うのかを聞いてみると良いでしょう。
最初に受診した医療機関の治療法よりも、他の治療法の方が合っているかもしれません。
がん治療を見てもどんどん新しい治療法が登場しています。
薬も新薬が開発され続けていますので、医療機関によっても違う薬を処方されることは珍しくはありません。

Page Top